離婚を考えるときに知っておくべき不貞行為。

Posted by Wilson Cham

離婚理由のナンバーワンがパートナーの不貞行為です。もしも離婚を考えているのであれば不貞行為についてしっかりと知っておいた方がよいでしょう。離婚裁判において不貞行為として認められたものは、配偶者を持っている人が男女間の肉体関係を持った場合のことをさします。肉体関係を伴わない関係は裁判において不貞と認めてもらえる確立はぐんと減ります。また、一度限りの不貞の場合にも離婚理由として成立させることは難しく、反復した男女間の肉体関係が必要となります。

不貞行為が理由で離婚をする場合にはお互いの話合いによる協議離婚ができるケースは少なく、調停離婚になるケースが多くなります。万が一お互いの話し合いのみで離婚することができたとしても、離婚後トラブルに発展するケースが多いので、これから離婚を考えている場合にはしっかりと証拠を揃えて調停離婚に持ち込んだ方が、後々のトラブルも少なくなます。調停離婚で不貞行為と認められる証拠は、男女間の肉体関係を証明できる証拠となりますので、パートナーとその浮気相手が肉体関係になるプロセスから証拠を揃えておくとより効果的な証拠となります。

不貞行為を離婚理由として持ち出す場合にはしっかりとした証拠を揃えることにより、よりスムーズに離婚の話し合いを進めることができるだけでなく、慰謝料や養育費の請求にも大きく関係してきます。しかし、夫婦間の婚姻関係がすでに破綻したと考えられる場合、その後の異性との肉体関係について離婚に相当する不貞とはみなされませんので注意が必要です。別居後、パートナーが異性と肉体関係を持っていたとしてもそれは離婚事由として認められる不貞にはなりません。パートナーの浮気が原因で離婚をしたいと考えているのなら、感情的にならず、しっかりと証拠を集めて人生をやり直しましょう。

You may コメントする or or .

Add A Comment

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans